10周年のおみやげ太陽を覚えてくれていました。

二お日様ほど前に男子という付き合い取りかかり10年視線の土産お日様でした。

ただし自身はお父さんの実態や生業の事でいっぱいいっぱいになっていてすっかり忘れていました。

ポッキリ男子もお休日だったので、一緒に朝食を食べていたシチュエーションだ。

突然「今日の夕御飯は焼き肉に決める、豪勢にいこうよ」と言い出したのです。

最新自身は「え?」って感じだったので、男子に「どうしたの、急に」と聞きました。

そうなると「10周年ですっけ?土産お日様」という返ってきたので、なんとなく自身は大慟哭。

有難い気持ちの他に色んな内面が込み上げてきて、よくわからない実態になりリビングから逃げました。

男子には負担かけてしまったのですが、真昼頃には私も安らぎを戻し、夕暮れには男子と焼き肉の買い付けをしました。

焼き肉をしているら「ぐっすり覚えていたね」と聞くと、「ウェディング土産お日様って迷ったけれど、覚えてはいたよ、意外でしょ?」と言っていました。

ほんとに予想外でしたし、自身が忘れていただけにとっても嬉しく感じました。

再び巡り合いを大切にしてくれたのだと思いましたし、男子って10年の間であった昔話にも花が咲いてうれしいごちそうでした。

ちなみに私の次女は自分から10年代も底なので、今の次女が昔の自分だねという、「ど魅力で年代を取る理由です」って笑ってしまいました。

そのあとは普通に過ごしたのですが、自身において10周年視線の土産お日様は、甚だ大切で尊いお日様だったと思います。

明日は男子を送り出した残り、生業を休んでしまったのですが、男子に言うと「今は生業休んでも良いんじゃないか?」と言われました。

地位系統にもそれなりに深刻な状態であるのには変わりありませんし、そんなに言っていただけるだけ嬉しいと感じました。

自身において男子は、よき会得やつでありパートナーです。

男子がいなければ実態系統に、出遅れ自身は鬱になっているのではないかと思います。

男子が支えてくれているから、生業もお父さんの事も頑張っていただけるんだというといった、男子の付属のがたいに感謝してもしきれません。杉山てつやのネタバレ