片方のピアスからもらった「うれしかったとき」

昨今「うれしかった案件」がずいぶん感じ取れ私の身辺ですが、その中から「うれしかった案件」のかけらを拾い集めてみました。

その一つは「今や見つからないとしていたピアスの片側が見つかった。」ということです。

気に入っていたピアスの片側が無くなっていました。気づいたら片方の耳から消えていたのです。「落としたんだな、仕方がない。」としてあきらめていました。
それが半年も経ってひょっこり出てきたのです。

いつも使う荷の援助口座の下に入っていました。ちょっとピアスがみっちりここへ転がり落ちたり、歩いて入っていったりするわけもないので、自分が入れたに違いないのですが、何で、何時入れたのかとっても記憶にありません。
想像するに、落ちそうになった(あるいは落ちた)ので、とっさに自分で入れたのだと思うけれど、その情勢も思い出せません。
間もなく脳が弱ってきたのかもしれません。記憶があやしくなってきてほんとに心配です。

ただしはなはだ良かった!
一度離れた妻といったまた再会したような、うきうきした心情になりました。あきらめずに待っていた今や片方のピアスって再会させて、ペアで耳に押し付けました。
「今日はどっかへ出かけようかな♪」
という気分になって、ちょっと街角へ出てみたりました。

「それってただ無くなったものが見つかっただけで、特に何か拾ったわけではないし、プラスマイナス不在なんでは...。」
という近辺がいましたが、それは違う!
しあわせは単純な付け足しOFFの計算では計れないものだ。ピアスがなくなったときのどん底(オーバー?)のハートがあったからこそ、見つかったらそれより大きなラッキーが感じられたのです。
生涯はめり弾性が大切です。谷があるからこそ山野があり、悲しみがあるからこそラッキーがあるのだろう...などと考えたわたしでした。

無くしたピアスを発見した結果チラホラだけど生涯が窺えるなんて、これも「うれしかった案件」の一つかな、って思ったり行う。アミノハニー酵素の評判