年を重ねても、人から褒められることは有り難いものです。

近頃ぼくは、ショップで会員をしている人から、「抜群、〇〇さん出社がはやいね」というのです。
ショップでは、出社が速く行えるとかのろいとかなど断じて言わない場合などあります。
で私の出社っぷりを認めてくれた会員が、ぼくに発した字を思い切り嬉しく感じました。

こういう11年間を振り返っても、家庭内で色々なトラブルがありました。
その辛さを、責めてショップにおける時折悩まないで、一所懸命お仕事が出来ているものです。

小さい頃から、ぼくはとてもぐずなのです。
それは、のほほんと鷹揚に育てられた所為もあります。
生まれ持った持ち味もあるというのです。
方法を移す場合や繰り返しの事務は果てしなく速く行える、素質はもっていたぼくだったのです。

学業を卒業して、社会に出て二通年行ないました。
後々洋裁学業へって、二通年学ぶことをしました。
そうして20世代以上の結婚式生活をして、養育の忙しさも積み増しました。

自分のことや、昨今仕事もスムーズな流れができるのも、こういう様な経験から生じるものだという感じております。

亡くなった父兄や愛人も、ぼくが日毎踏ん張る個性を、見ていて下さっていたらいいなあと思うのです。
ぼくはこういう亡くなった人への、最後のアフターケアの施策や字かけなど、悪かったかなと悔悛する事もよくあります。

現在はその三人の周囲で寄り添って売ることが、できないものです。

責めてこれから先の自分のしっかりとした見解で、毎日を送る事で供養ってしたく感じております。
頑張っていたら、ユーザーは装いていらっしゃる。
近頃ショップの会員が、ちょっぴりぼくを褒めて下さった結果、バイタリティーがでました。

年令がたくさんになっても、ユーザーは褒めて頂くことは、快く感じるものだ。

ぼくがお友達のつくることが不向きだったのです。
それでも視点して、人の良い所を見つけて褒めて吊り上げる場合なども大切です。

向上期には、必ずお友達をつくる事が下手でした。
今ではユーザーと伝えるにも、慣れてきました。

あんなぼくなのですが、恥ずかしいがりやのことという、際立ちたい全面も持っています。
今までに、ほめ殺しの〇〇さんと、呼ばれることもありました。杉山てつやの評価